主な搭載船

当社のエンジンが搭載されるのは1~4万トンクラスの主に貨物船です。「貨物船」と言っても、積み荷によって船の構造も異なり多種多様な種類がありますが、その一隻一隻が、日本の総貿易量(重量)の実に99%を超える海上輸送を担う主役です。世界の海を駆け巡る貨物船の動力を生み出す「心臓」として、マキタが造るエンジンは、グローバルな物流を支えています。

船種 サイズ
貨物船/ばら積み船 7,500~38,000 D/W
ケミカル船 6,800~35,000 D/W
LPG船 3,500~7,500 m³
セメント船 4,000~6,000 D/W
自動車運搬船 600~2,400 台積
超冷凍運搬船 160,000~280,000 C/F
コンテナ船 1,000~1,100 TEU
油送船 6,000~9,500 D/W
アスファルト船 4,500~7,500 D/W
石灰石船 5,600 D/W
石炭船 6,500 D/W

表1:マキタ製エンジンの採用実績(2010年~2016年)