適材適所Right man in the right place

当社は一人ひとりの能力開発にとりわけ心を砕いてきました。幸いにして、まだ経営トップも全社員をしっかりと把握できる規模。社員一人ひとりの仕事ぶりや個性、その顔を思い浮かべながら“適材適所”を実践しています。“できること”に“期待”というゲタをはかせて、仕事を任せる。創業100年を超える会社にしては、平均年齢33歳と若さの維持にも努めてきました。だから若い社員にも“少し背伸びした仕事”を任せられるのです。仕事が人を育てる。上司はそれを見守り、支援する。マキタの人財育成の基本にはそうした考えがあります。

  • 新入社員研修
  • その他の研修